エアペイは審査が遅い!?1番審査が早くてオススメなのは?

エアペイはリクルート社が提供する、スマホやタブレットをクレジットカード決済端末にするサービスです。

しかし、エアペイは審査が遅すぎるのと、審査が厳しいということでサクッと導入することができないのがネック。

エアペイよりも審査が厳しくなくて良いサービスってないんだろうか

私自身こんな疑問を持ったので、利用者の口コミやビジネスブログをくまなく調べてみたところSquare(スクエア)という競合サービスを見つけました。

スクエアは決済手数料は3.25%からと国内最安値水準(エアペイは3.24%)、入金も最短翌営業日に行われるため、小規模事業者にも人気の決済サービスです。

アカウント作成が無料、月額固定費0円なのもおすすめのポイントです。

でも、導入後にサービス終了なんてことは是非とも避けたいところですよね?

どんなに良い決済サービスでもサービスがすぐに終わってしまっては導入コストが完全に無駄になってしまいます。

そこでスクエア決済の特徴や将来性についてまとめました。

今すぐスクエアに申し込む(無料)

エアペイの審査は遅いけど、スクエアはどのくらい?

スマホ決済サービスには申し込み後に審査がありますが、スクエアは審査が厳しくなく最短で2日後には利用開始できるようです。

Twitterで利用者の口コミを検索すると下記のようなツイートが見つかりました。

まさかの「エアペイ」審査落ち😂

まさかのお祈りメール🤧

あれだけ事前に、コンサルタントでも法人事務所があれば可能だと、電話で確認したのに📞

ショック👾

ipadが来なくなった📱

そう考えると2日で使えるようになった「スクエア」は最強かも🏆

カード決済のエアペイは、審査の音沙汰なし…
スクエアは即審査通った!凄ーい!!
これからが楽しみ🎶
零細企業には、スクエアが味方だね!

他のサービスじゃ審査に通らなくてもスクエアなら通ったという声が多数ありました。

ちなみにスクエアでもJCBだけは少し審査が長引くことがあるようですが、これはどのサービスでも同じだそうです。

集客を加速させたい事業者にとって導入スピードは大事。
申し込みから2日で利用開始できるのはかなり魅力的ですよね

スクエア決済って将来性はあるの?


スクエアの将来性についても調べましたが、今後は他社を引き離すポテンシャルを秘めていることがわかりました。

まず先に言っておくと、スクエアの決済手数料は競合サービスに比べて特別安いわけではありません。

スマホ決済手数料比較

スクエア 3.25%~
エアペイ 3.24%~
楽天ペイ 3.24%~
コイニー 3.24%~

むしろスクエアは他の大手サービスに比べて0.01%高いんですね。

ただ、個人的には導入の決め手になるような差ではないかなと思いました。

そこで、スクエアの特徴や強みが何かを詳しく調べてみました。

すると、スクエア決済サービスは競合サービスに比べて優れている点が見えてきて、今後もどんどん利用者が増えていく将来性のあるサービスだとわかりました。

その理由を解説していきます。

今すぐスクエアに申し込む(無料)

理由1.外資系企業だがバックに三井住友銀行がいる

まずスクエアという会社についてですが、スクエアはニューヨーク証券取引所に上場している外資系企業です。

スクエアは米国のソフトウエア企業。主にPOS(ポスレジ)のソフトウエアを開発、販売する。同社製品「スクエア・レジスター」は販売時点情報管理システムで領収書、在庫管理、売上報告書などの作成をサポート。また、「スクエア・キャピタル」は売り手側に翌日の決済や振込ができるシステム。スマートフォンやタブレットでの業務が可能。本社はサンフランシスコ。
引用元:Yahoo!ファイナンス

外資系企業と聞くと、サービス撤退やサポート面で不安があるんじゃないかな?と少し不安になりますよね?

しかし、スクエアは三井住友カードの支援を受けて日本に進出しており、実質的には三井住友ファイナンシャルグループのサービスとして提供されています。

三井住友銀行の公式ホームページからも申し込み可能

また、2019年には米スクエアとの提携強化を発表し、今後もサービス拡充を表明。

三井住友カードは2012年にスクエアに出資し、日本国内でのサービス展開を支援してきた。今後は「グループ全体で100人の支援要員を用意する」(大西社長)など、三井住友フィナンシャルグループ全体でバックアップすることになる。
引用元:日経ビジネス

三井住友ファイナンシャルグループが全社あげて支援するといことは、成長分野としてキャッシュレス市場に相当力を入れているということでしょう。

国内の大手メガバンクがバックについてるなら安心して利用できますね

今すぐスクエアに申し込む(無料)

理由2.スクエアは翌日入金される

小規模事業者にとって一番気になるのはクレカ決済の入金タイミングではないでしょうか?

キャッシュフロ-が不安な個人商店や小規模店舗としては、なるべく早めに現金に変えたいですよね。

その気になる入金タイミングですが、スクエアなら指定した銀行口座に翌日入金してもらうことが可能となっています。

三井住友銀行 翌日入金
みずほ銀行 翌日入金
上記以外 水曜締め日で、金曜入金

ちなみに競合サービスのAirペイ(リクルート)は、入金は月に3回しか入金タイミングがありません。

また、楽天が提供する楽天ペイは「楽天銀行」であれば翌日入金可能ですが、振込手数料(210円)が利用者負担です。

これに対してスクエアは翌日入金OKで、振込手数料もスクエア負担。

振込手数料は案外馬鹿になりません。
スクエア用に三井住友銀行もしくはみずほ銀行の口座を作るのも全然アリですね

今すぐスクエアに申し込む(無料)

理由3.スクエアはJCBに対応している

外資系のサービスって国内クレジットカードであるJCBに対応していることが多いですが、スクエアは対応しています。

また、電子マネーに関してもスクエアは対応予定とのこと。

現在提供されている決済用のスクエアの機材もSUICAに対応しているとのことなので、スクエア社が日本の電子マネーに対応すれば特に機材の変更などせず対応開始することができます。

他社サービスも電子マネーに対応してきていますのでスクエアも早く対応してほしいですね

理由4.スクエアは機材が安い

スマホ決済を導入するには決済用の機材を購入する必要があります。

カードリーダー価格一覧

スクエア 7,980円
エアペイ 19,800円
コイニー 19,800円
楽天ペイ 18,800円

上記の表の通り、スクエアは機材の価格が他の大手スマホ決済会社の半額ぐらいで販売されています。

現在、どこのサービスもキャシュレス・消費者還元事業に登録することで、端末を実質0円で購入することができますが、キャッシュレスの還元は2020年に終了します。

そのあとどこのサービスが伸びていくかということを考えた場合、カードリーダーが一番安いスクエアの可能性が高いですよね。

スクエアはキャッシュレス・消費者還元事業の登録もサポートしてくれますので安心して申し込み可能です

スクエアに今すぐ申し込む(無料)

理由5.スクエアは国内サービスに比べて機材がオシャレ

外資系企業だからかわかりませんが、スクエアは他の国内サービスと比べて断然オシャレです。

このカードリーダーのデザインが美容サロンやオシャレなカフェの利用を促進していると言われています。

一応競合サービスである楽天ペイとエアペイを端末デザインを見てみましょう。

楽天ペイ

楽天ペイのカードリーダー

エアペイ

エアペイのカードリーダー

黒を基調としたデザインは悪くはありませんが、店内の雰囲気を重視する店舗事業者はスクエアを選ぶ人が多そうです。

スクエアは小規模事業者にとっての不安要素「審査」「入金」の点で他社よりかなり優れています。
今後どんどんシェアを伸ばしていくのはスクエアだと思いました

スクエア決済を最短で利用する方法

スクエアは最短2日で導入可能ですが、公式サイトからのネット申し込みが最短です。

電話での申し込みよりもネット申込みのほうが審査に入るのが早くてオススメです。

主な対応業種

  • カフェ
  • デリバリー
  • イベント
  • ヘアサロン
  • ホテル
  • ネイルサロン
  • 小売店
  • スポーツジム
  • 医療機関

申し込み手順

公式サイトにアクセスしたら下記のボタンをクリック。必要事項を登録してまずは無料登録を完了してください。

このボタンが目印です

登録後に届くメールの手順に従い、カードリーダーを購入し、店舗に設置したら使えるようになります。

最近はクレカが使える店舗しか利用しない若者も増えています。
スクエア導入で一気に新規の見込み客を獲得してくださいね
\月額固定費無料でカード決済導入!/
公式サイトへ